ぐりサポの住所が変更になりました!

住所〒550-0004 大阪市西区靭本町3丁目2-7横井第一ビル701号室

 

 

ぐりさぽの願い

tamarind人生に死別・離別はつきもの。
自分だけではどうしようもないこともある。
こどもにはこどもの思いがあり、 おとなにはおとなの思いや事情がある。
だからこそ
こどもにはこどものサポートを。
おとなにはおとなのサポートを。
こどももおとなも、自らの人生を生きていけ るように。

私たちは、大阪府域において、自死遺族、自死 遺児などのグリーフを体験した方へのサポート を行っています。
これからは東日本大震災でグリーフを抱えた子 どもも重点的に支援していきます。
ぐりーふサポートハウス、 略して“ぐりサポ” です。
ゆっくりと、でも着実に、必要なサポートを行い、 見守っていきます。

ぐりサポコミックのご案内

大切な人を喪ってしまった方、喪失を抱えた方を支えたい方、
そして、今を生きるすべての方に読んでほしい。
たくさん笑って、いっぱい泣いて、ちょっと考えて、
こころに届くメッセージをコミックにしました。

 

ぐりサポコミックの立読み

【9月】「生きる」に決まった術はなし(わかりやすいバージョン)

3匹のこぶたの教訓って実はこういうことだったんだ・・・!!!

 

 

なるほどな~

 

【5月】分かち合いビフォーアフター

遺族同士、気持ちを打ち明け共感し合う「分かち合いの会」。
想いを分かち合うことのできる"安心"がそこにはあります。

 

図解するとこんな感じ・・・

 

 

【1月】ぐりサポ裏話①

 今回より『ぐりサポ裏話』も載せていきます。
これを見れば、ぷぷぷ・・・。
ぐりサポメンバーが、いかに我が道行ってるか・・・
いや、もとい、ユニークなメンバーたちか分かって頂けるかと(笑)

 

【7月】失われたことについて話す、聴くということ

いま、大切な人に伝えたいことはなんですか?
大切な人から聴きたいことはなんですか?

 

 

【8月】水を満たすには・・・

人それぞれの「溜めかた」があっていいと思う

 

これが周りに理解されにくいところかも・・・

でも、理解してもらえると心から安心できるところなのです。

【2月】弁護士さんにお願いする時のコツ①

『弁護士』さんって、日頃お付き合いがなかったりするけど、 いざという時は助けてほしい存在。
でも、敷居が高いイメージがあったり、どこの誰に頼んでいいか 分からなかったり・・・。
勇気がいったり・・・。
そこで、ぐりサポ生越弁護士に聞いてみた。
弁護士さんにお願いする時のコツ。 まずは、『第一歩』編。

 

 

 

 

 

【6月】秘密がバレたら、どうなるの?

わたしの「秘密」、ばれてしまったらどうしよう・・・
想像したらどんどんこわくなってしまう・・・

 

【3月】ありがたいけど…悩ましい…

心配してくれることは本当にありがたい。
でも、こたえられないことだってありますよね。

 

 

 

【4月】どんな感情でも・・・

私たちの中に必ずある"感情たち"。
今月は、この"感情"をテーマにしてみました。
ポジティブなものもあれば、ネガティブなものもあります。
色んな感情に振り回されてる時はしんどいけど、
うまく付き合っていけるといいなぁ。

 

 

 

【10月】掘り下げたいのは、どんなことですか?

自分のことについて掘り下げる…
グリーフ体験が掘り下げるきっかけになることがあります。

 
  • 著作権は特定非営利活動法人ぐりーふサポートハウスに属します。転載・コピーはご遠慮下さい。
  • 本事業は、大阪市市民活動推進助成事業等補助金、大阪市市民活動推進助成事業の助成金を受けて実施しています。
  • 喪失体験した子どものサポートを、朝日新聞厚生文化事業団へ寄せられた東日本大震災救援募金によって行っています。